人生賢者タイム

いつか飽きるまで!

ディズニーはいろいろな意味での「夢の国」。制服でディズニーに行く人たち

この記事をシェアする

toyokeizai.net


デイズニーは、「夢の国」とはよく言ったものだ。

 

行く人によっては、夢はそれぞれなので深くは突っ込まないでおきます。

 

それにしても、「制服ディズニー」って単語を聞くようになったのは、ここ最近のことだと思っていたが、デイズニーネタに疎いぼくは、時代に取り残された感じです。

 

この記事によると、2008年の読売新聞に掲載された記事が初めてのようですね。

 

もう10年もの話か。

 

デイズニーランド × JKビジネス

デイズニーに行くと、制服を着ている方は多く見られる。季節に関係なくほんとに多い。

女性だけでなく、男性もいるし。

修学旅行生もいるから、必ずしもコスプレとは限らないけど、ほんと多く感じる。

 

「ディズニー行くのに服をおそろいにするのは当たり前!」「ばらばらの私服で行くなんてありえない」と女子高生たちは口々に言います。


卒業してからは、制服を着るのってコスプレになってしまうし、周りの目が気になってしまうよね。

しかし、みんなでディズニーで制服を着るのは一体感があるし、周りの目も気にしなくていいんでしょうね。


見る人によっては、目の保養とまじまじと見てしまうけど。

すれ違いざまに、目線で追ってしまうのは、内緒です。


しかも、誰でも着れるように、制服レンタルもあるのだから、JKビジネス市場はすごいなと感じてしまう。

誰でもってのは気になるところだけど、やっぱりキレイな子がやって欲しいなってのがホンネ。

 

見る側の立場としてだけど。

 

さいごに:ディズニーは「夢の国」

いろいろな意味で、ディズニーは夢の国なんだと思ってしまいました。

 

ほんといろいろな意味で。

 

どんな目的で行くかは、個人の自由なので、気をつけて楽しみたいものです。

 

広告を非表示にする