人生賢者タイム

いつか飽きるまで!

懐かしい音楽を聴いて物思いにふける。音楽は記憶を旅することの出来るタイムマシン

この記事をシェアする

f:id:ptskunx:20170708052302j:plain

街中を歩いているとき、ふとした瞬間に懐かしい音楽を耳にすることがある。

 

不思議なもので、昔よく聴いてた音楽は懐かしい記憶を掘り起こしてくれる。

 

 

その当時にタイムスリップしたかのように、思い出してしまう。

 

良かった記憶、思い出したくない記憶も全部ひつくるめて思い出してしまう。

 

音楽で記憶を呼び起こす原理

ちょっと調べてみると、脳科学的に説明が出来るみたい。

 

簡単に説明すると、聴覚の刺激は、古い脳である大脳辺縁系に伝わり、記憶を溜め込む海馬や感情を司る扁桃体に刺激がいきます。音楽を聴いているときは、その場の雰囲気や感情も含めて「記憶」として定着するシステムになっているとのこと。

 

中学時代に夢中になった音楽を聴いて物思いにふける

きっかけは、YouTubeでネットサーフィンしていると、懐かしい音楽に行き着いた。

「山嵐」っていうHIPHOP?のバンドなんだけど、当時らCDが擦り切れるぐらい聴いた。(擦り切れないけど)

 

懐かしさのあまり、買い直してしまったほど。

 

主に思い出してしまう記憶は、中学時代での恋愛事情。

 

当時、好きだった子とか思い出してしまうわけです。あの頃は、すれ違うだけでもドキドキしていてた。

もちろん話しかけるなんて、心臓が口から飛び出してしまうぐらいの緊張。

 

毎日、学校で目で追いかけていた。

 

やっとの思いで気持ちを伝えても振られてしまいましたが…

そんな、ほろ苦い思い出を思い出してしまいました。

 

さいごに: 音楽は記憶を旅することの出来るタイムマシン

辛いことがあったなら、ただ好きな音楽を聴くのもいいけど、良い思い出との結びつきが強い音楽を聴くことで、より元気がでると思います。

 

音楽は、時間を自由に移動し、当時の感情を感じることができる素晴らしい娯楽。

 

広告を非表示にする